トップへ戻る

NEWS

2016年版
バリアフリーカレンダーの
製作過程を公開! Part1

現在製作を進めている「2016年版 バリアフリーカレンダー」の製作過程をご紹介します。
すべてをお見せすることは出来ませんが、本製品への思いやこだわりポイントなど、カレンダー完成までのプロセスを、日付を追いながら数回に分けてご紹介していきます。

第一回目となる今回は、浮き出しの基礎となる“版作り”についてです。

平成27年6月16日
◆触って読める文字を高く浮き出す試作
  バリアフリーカレンダー最大の特徴である、“触って読む”ことを 可能にする文字の浮き出しは、当然浮き出す高さが高ければ読みやすくなります。 しかし、浮き出す高さのみを追求すると、浮き出す際に紙が引っ張られるため紙にしわが寄り、破れてしまうこともしばしば。
今年の2015年版からのさらなる改良を目指し、十分な高さを確保するための試作を行いましたが、高さを出すことにこだわった結果、文字の浮き出た高さは上がるものの、見た目が悪く製品として出せるものではありませんでした。
いかに、しっかりと読める文字の“高さ”と見た目の“美しさ”のバランスを保てるかがポイントでした。
そこで重要な役割を、用紙と版が担うのです。


◆製版会社との打ち合わせ
  紙を浮き出す際に使用する版は、 “雄型と雌型”(※写真参照 左:雌型、右:雄型)の版を組み合わせて出来ています。
DSC_0099 この組み合わせの調節こそが見た目に気を遣いつつ、十分な高さの確保へと繋がります。

そこで製版会社の営業の方に相談にのっていただき、
1.版の組み合わせの比率を多少変更する
2.営業の方のオススメの版を製作する

新たにこの2点での改良を進めることにしました。



箔押製品のご紹介

真美堂で箔押を担当させていただいた作品をご紹介いたします。

今回は、
「ウユニ塩湖 心を整える100の言葉」 いろは出版  DSCN0577 普段、書籍のカバーをメインに箔押をおこなっている中、帯への箔押は珍しいこともありご紹介させていただきました。

今回本書では、帯への箔押(金色)を担当させていただきました。
作業はシリンダーという機械に、版を3個付けておこないます。シリンダーでは1度に複数枚の箔押が可能となるため、 版の取り付けや準備に時間はかかりますが、枚数の多い場合にはシリンダーでの作業が基本となります。
DSCN0574 上下に連なる枠と、水玉模様に金で箔押を施しました。
Facebookのページでは、箔が押されて機械から出てくる様子も動画で公開しておりますので、是非そちらもご覧になってみて下さい。

今後も作品を継続的にご紹介していきます。



夏季休業のお知らせ

誠に勝手ではありますが、弊社では下記の通り、夏季休業とさせていただきます。

夏季休業:2015年8月12日(水)~16日(土)

皆様には何かとご不便をおかけすることと存じますが、ご理解賜りますよう何卒よろしくお願い申し上げます。
なお、夏季休業中にいただいたお問い合わせにつきましては、17日(月)以降に順次対応させていただきます。

webサイトを
リニューアルしました。

この度、弊社のwebサイトが新しくなりましたのでお知らせいたします。


この度のリニューアルでは、弊社が取り組む業務内容や活動を、より見やすく・よりわかりやすくお伝えできるようデザインを一新いたしました。
本サイトを通して、皆様一人ひとりに箔押を知っていただき、お役に立てる情報を発信することを目指していきます。


今後とも真美堂 手塚箔押所をどうぞよろしくお願い申し上げます。

真美堂手塚箔押所の
ご案内

shinbido_p_05

書籍のカバーや、雑誌の表紙、化粧品や食品のパッケージなど、
普段の生活のなかで、箔押と接する機会は少なくありません。
代表的な金や銀の箔は、印刷では不可能な輝きで人々を魅了します。
七色にキラキラと輝くホログラム箔は、
子供たちが競って集めるカードに多く用いられます。
そうした箔押しは、機械任せでできるわけでなく、
製版(版づくり)から、箔押し時の熱量の調整、適切な圧力など
様々な条件と、熟練の技術無しでは確かな製品には仕上がりません。

_MG_3086

真美堂手塚箔押所では、全ての製造に於いて
熟練の職人が、それぞれに最適な条件を見極め
ひとつひとつ丁寧に仕上げています。

その仕上がりの確かさから、多くの印刷関連企業様はもとより、
書籍制作に携わるデザイナー様からも「箔押しは真美堂で」とご指名をいただいております。

shinbido_p_04
shinbido_p_03
shinbido_p_02
shinbido_p_01

薄いものには、薄いもののための、
厚いものには厚いもののための、

艷の有り無し、広い面積から繊細な模様、
紙だけでなく、PET素材や金属素材にも。
名刺サイズからB1判まで、確かな技術で皆様のご要望にお答えします。

また近年では、箔押しで培った技術を進化させ、
視覚に障害のある方たちのための「点字・浮き出し印刷」に力を入れています。
版の強度を増し、多量の製造を可能にした真美堂独自の点字印刷は
日本点字図書館様ほか、多くの団体様にご好評を頂くほか
2014年にはその技術を更に活用して、
公益財団法人桜雲会様との共同開発による「バリアフリーカレンダー」
企画・製造・販売を手がけ、こちらも大変ご好評を頂いております。
 
こんなものが作りたい。こんなものがあったらいい。
皆様のそんな思いに全身でお応えしてゆきます。
どうぞお気軽にお問い合わせください。

有限会社 真美堂手塚箔押所


...23456...