トップへ戻る

NEWS

2017年版
バリアフリーカレンダー
取扱い店舗・ショップのご案内

【2017年版バリアフリーカレンダー】
取扱い店舗・ショップのご案内

現在、2017年版バリアフリーカレンダーをお取扱いいただいている、店舗・ショップをご紹介します。
今回は、高田馬場にある社会福祉法人 日本点字図書館様です。

こちらでは、2015年版バリアフリーカレンダーの販売当初からお取扱いいただいております。館内には、用具販売コーナーが常設されていますのでそちらでご購入いただけます。
また、日本点字図書館様のHPにあるネットショッピング「わくわく用具ショップ」からもご購入が可能です。 視覚障害のある方だけでなく、誰もが便利に使える用具なども多数掲載されていますので、是非ご覧になってみて下さい。

社会福祉法人 日本点字図書館   わくわく用具ショップHP
住  所:〒169-8586 東京都新宿区高田馬場1-23-4
営業時間:9:00~16:00
※定休日:月曜日・日曜日、その他 年末年始等の長期休館時
電話番号:03-3209-0751(用具事業課)


2017年版
バリアフリーカレンダー
取扱い店舗・ショップのご紹介


【2017年版バリアフリーカレンダー 取扱い店舗・ショップ様のご紹介】

10月17日より発売しました「2017年版バリアフリーカレンダー」は、
弊社でも販売はおこなっておりますが、その他お取扱いいただいている店舗・ショップ様でもご購入いただけます。

そこで、現在バリアフリーカレンダーを取扱っているお店をご紹介いたします。
今回は南青山にある複合文化施設 スパイラル様です。

スパイラル様では、昨年に引き続きカレンダーをお取扱いいただいております。
現在、スパイラル1Fエントランスにて開催中のカレンダー・ダイアリーフェア(平成28年10月17日~平成29年1月15日)にて、発売中です。
是非、近くへお越しの際はお立ち寄り下さい。

SPIRAL 1Fエントランス スパイラル HP
住所:〒107-0062 東京都港区南青山5-6-23
営業時間:11:00-20:00
※全館休館日 12/30(金)~1/3(火)
電話番号:03-3498-4015(MINA-TO)


オノマトペカード
取扱いショップ・店舗のご紹介

先般、完成のお知らせをしましたオノマトペカードですが、
早速お取扱いただいているショップ・店舗様をご紹介します。

スパイラル   URL : http://www.spiral.co.jp/
〒107-0062 東京都港区南青山5-6-23
スパイラル様では現在、バリアフリーカレンダーもお取扱いいただいておりますが、
12月26日(土)よりスパイラル エントランス(スパイラル1F)のカレンダー&ダイアリー売場にて、
「日本の美しさ」に焦点を当てたミニフェアが開催されます。
その中で、オノマトペカードを展示・販売していただきます。

ご興味のある方・表参道へお越しの方は、ぜひスパイラルへお立ち寄りください。

バリアフリーカレンダー
取扱いショップ・店舗のご紹介

11月1日より発売を開始した
【2016年版バリアフリーカレンダー】は、お取扱いいただけるショップ・店舗様を募集しております。
そのなかで、現在お取扱頂いているショップ・店舗様をご紹介します。
今回は南青山に拠点を持つ複合文化施設“スパイラル”様をご紹介します。

地上9階・地下2階の大きな建物は、ギャラリーや多目的ホールをはじめ、レストラン&バー、生活雑貨ショップ、トータルビューティーサロンなどで構成されています。
また、特徴的でユニークな建造物としても有名で、建物内部はデザイン性あふれた空間を演出。
1985年のオープン以来、“生活とアートの融合”をコンセプトにしたアートイベントを数多く開催して
います。

そんなスパイラルでバリアフリーカレンダーは、11月6日(金)より1Fエントランスのカレンダー売り場にて並んでおります。

幅広いジャンルから気軽に現代アートに触れられるスパイラルへ、一度訪れてみてはいかがでしょうか。

スパイラル HP

お取り扱いのお店情報(4)

10553813_582110868582781_8917373247225566846_o

【バリアフリーカレンダーお取り扱いのお店情報】

現在、バリアフリーカレンダーをお取り扱いいただいているお店をご紹介させていただきます。

今回は、『社会福祉法人 日本点字図書館』様をご紹介させて頂きます。
なお、日本点字図書館様にはご協賛も頂いております。

日本における点字図書館では最大の規模を誇り、以前ご紹介させて頂きました社会福祉法人 桜雲会様と同じ高田馬場の地で、長年に渡り視覚に障害のある方に向けた情報提供施設として続けてこられました。

創設者である本間一夫氏により、1940年に日本点字図書館の前身である「日本盲人図書館」としてスタートしました。
点字図書の貸出しをはじめ、点字図書・用具の販売、中途視覚障害者のための点字教室、
近年では読書が困難な人に向けた電子書籍の製作を行うなど、時代と共にニーズに合わせた事業も積極的に行っています。
そんな日本点字図書館様にもバリアフリーカレンダーの製作段階でご協力を頂き、一月一杯までお取り扱いをして頂いております。

録音スタジオや点字図書の制作室など、普段見ることの出来ない館内の見学もおこなっているそうですので、是非ご興味のある方は訪れてみてはいかがでしょうか。

日本点字図書館様の詳しい情報などはこちらをチェックしてみてください。

日本点字図書館 FaceBook


12