トップへ戻る

NEWS

2019年版
バリアフリーカレンダー
発売

IMG_3507

有限会社 真美堂手塚箔押所(東京都新宿区/取締役社長:手塚 博雄)は、 「見る・触れる」の両面から読むことが出来る、2019年版 バリアフリーカレンダーを発売致します。
視覚障害のある方と晴眼の方が一緒に使えるよう、これまで無かった文字・数字のカタチに触れる浮出し文字のカレンダーを製作し、2015年版の発売以来これまで多くの方にご使用頂いてきました。

・バリアフリーカレンダーはなぜ“浮出し文字”なのか
視覚障害のある方は、一般的に本や資料等を読む際には点字を使うイメージがありますが、その方法は人によって様々なのです。国内で視覚障害のある方は約30万人、その中で点字使用者は1割程度といわれています。実はこの数字が表す背景には、点字習得の難しさが関係していました。点字使用者の多くは先天性もしくは幼少期に視覚障害になった方が多くを占めています。つまり視覚障害のある方の多くは、加齢や病気によって中途で視覚障害になっているのです。今まで文字を目で読んできた方にとって、突然指で点字を読むことの大変さは想像に難くないことでしょう。バリアフリーカレンダーでは、そんな中途視覚障害の方が抱える“読む”問題を解決するため、これまで慣れ親しんだ文字・数字のカタチを浮上げたカレンダーを製作しました。

そして、もうひとつ。

バリアフリーカレンダーが“浮出し文字”であるからこそ実現できることがあります。 それは、視覚障害のある方も晴眼の方も一緒に使えること。 見た目はシンプルで落ち着いたデザインでありながら、浮出た文字・数字を指でも読める。 このカレンダーを通して、どのような人がどのように使うのかを感じ、少しでも視覚障害のある方へ関心を寄せるキッカケになることを目指しています。


主な特長
見やすく・触って読みやすい立体的な文字
当社独自の加工によりカレンダーの文字・数字を浮出したことで、この2つの動作から カレンダーを読むことを可能にしました。 点字使用の有無を問わず、これまで多くの視覚障害のある方へリサーチを重ねた結果、触って読み取れる高さに仕上げました。 さらに、文字・数字に使用するフォントにも着目。見やすさと触ったときの読みやすさを兼ね備えた「フォアフィンガー書体」を採用しました。市販製品や公共施設の案内図等で数多くの実績を誇る信頼のフォントです。

シンプルなデザイン
カレンダー本来の読む使いやすさはもちろん、そのデザイン性の高さにも注目。 飾るシーンや場所を選ばないシンプルなデザインで、お部屋のインテリアとして落ち着いたやさしい空間を演出します。

ご使用いただいた方と一緒に製品改良
当社では毎年、バリアフリーカレンダーをご購入頂いた方にアンケートを実施。カレンダーを一人でも多くの方にご使用いただけるよう、アンケートで寄せられたご意見を積極的に反映し改良を重ねています。

例えば、昨年から採用したのが祝祭日の名称を点字で表記すること。
バリアフリーカレンダーは、文字・数字を浮出していますが、もちろん点字使用の方でも指で字の輪郭をイメージしながら読むことが可能です。実際にこの改良にも、多くの点字使用の方からのご意見を参考にしました。 この祝祭日の名称は、あえて点字のみで表記しています。 バリアフリーカレンダーの表紙裏面に、点字の基本的なルールや五十音順を説明した「点字のしくみ」を掲載しています。初めて点字に触れる方でも、この点字のしくみを見ながら気軽に点字を体験することが出来ます。

IMG_3518 2019_08_轤ケ蟄励・縺励¥縺ソ

そして2019年版では、新たに曜日の表記にも点字を追加しました。
従来では、暦をはさむ様に上下2ヶ所に、曜日をローマ字の頭文字で表記(日曜の場合はS)していました。今回から上部はローマ字、下部に点字※としたことで、浮出し文字・点字のどちらからでも曜日の確認が容易になりました。
※曜日を点字で表記する際は、日曜の場合は点字で“にち”のように漢字の頭文字で表記しています。

IMG_3491

バリアフリーカレンダーは、以下2タイプをご用意しています。
2019_02_white_01 ・白地タイプ
いっけん白紙に見えるほど一切インキによる印刷加工を施さない白地タイプは、光を当てることにより出来た影が数字を浮出します。そんな光の陰影を利用した洗練されたデザインは、まさにインテリアとしてのカレンダーといえます。

2019_05_color_01 ・カラータイプ
平日と祝祭日を2色で色分けしたシンプルなカレンダーです。その落ち着いた色合いは、カレンダーを飾った部屋に暖かみのあるやさしい雰囲気を生み出します。

《製品名》 バリアフリーカレンダー
《バリエーション》 白地タイプ、カラータイプ
《外形寸法》 H250×W350(mm) ※金具含まず
《仕 様》 表紙含め13枚綴り/リング綴じ
《価 格》 3,200円+税
 売上げの一部を、盲導犬育成に最も実績のある、
 公益財団法人 アイメイト協会へ寄付いたします。
《協 賛》 社会福祉法人 桜雲会
      社会福祉法人 日本点字図書館
      公益財団法人 アイメイト協会

【お問い合わせ】
 有限会社 真美堂手塚箔押所
 〒162-0808  東京都新宿区天神町66
 ◆電話またはFAXでのお問い合わせ
   TEL.03-3269-0656 FAX.03-3269-0667
 ◆メールでのお問い合わせ
   info@sinbido.co.jp

※お取扱い店舗につきましては順次お知らせいたします。
また当社から直接販売もおこなっております。


メディア掲載情報

雑誌
「デザインのひきだし35」 (発行:グラフィック社)

弊社の商品、バリアフリーカレンダーの開発経緯や試行錯誤の数々、カレンダーに込めた思いが満載
です。
また、毎年バリアフリーカレンダーのデザインを手がける、ミスターユニバース株式会社・関 宙明さんと
共に受けたインタビューの様子も交えながら、4ページにわたってご紹介いただいています。
IMG_3289

さらに、本誌の付録では弊社からも特製のカードをご用意しました。感謝の気持ち「ありがとー」が点字・日本語・英語で伝わる、触って読めて見た目にも素敵なカードです!
IMG_3113
すでに書店さんでは並んでいるそうですが、早く売切れてしまうようなので、
ご興味のあるかたはお早めにどうぞ!

弊社の取り組みが
取材されました。

この度、弊社の製品づくりや取組みが
デザイン関係の情報誌「デザインのひきだし35」(10月発売予定/グラフィック社)
に掲載されることになりました。

バリアフリーカレンダーを中心に、弊社がこれまでにおこなってきた取組みを紹介していただきます。
さらに、本誌への付録として今回新たに製作したエンボス加工のカードもご用意しました。
本号の詳細は、発売後改めてお知らせいたします。

なお、付録のカード製作の模様はFacebookにて動画付きでご紹介しています。
本ページ上部にあるFacebookのバナーをクリックすると弊社のページへジャンプします。
是非そちらもご覧下さい。

2018年版
バリアフリーカレンダー
発売

2018年版バリアフリーカレンダーを10月23日(月)より発売致します。
年齢や障害の有無に関わらず誰もが“読みやすく・使いやすい”をモットーに、2015年 の発売以来お陰様で4年目を迎えることができました。

・バリアフリーカレンダーの大きな特長 触って読める“浮出し文字”
数字・曜日等の文字を、弊社独自の特殊加工によりハッキリと浮出すことで、視覚障害の ある方にも安心して触ってお読みいただけます。

さらにバリアフリーカレンダーには上記の機能を備えた2種類のタイプをご用意して います。
・白地タイプ
IMG_1494 いっけん白紙に見えるほど一切インキによる印刷加工を施さない白地タイプは、光を 当てることにより出来た影が数字を浮出します。そんな光の陰影を利用した洗練され たデザインは、まさにインテリアとしてのカレンダーといえます。

・カラータイプ
IMG_1485 平日と祝祭日を2色で色分けしたシンプルなカレンダーです。
その落ち着いた色合いは、カレンダーを飾った部屋に暖かみのあるやさしい雰囲気を 生み出します。

さらに今回は新たに以下の機能が加わりました。

・触れてわかる祝祭日
IMG_1488  バリアフリーカレンダーご愛用者様の声をもとに、2018年版から点字で  祝祭日が読めるようになりました。さらにカレンダーの表紙裏面には、点字の読み方ガイド「点字のしくみ」を掲載しています。点字を常用している方はもちろん、普段なかなか触れる機会のない方々にも気軽に点字を体験いただけます。

 ●製品名:バリアフリーカレンダー
 ●バリエーション:「白地タイプ」または「カラータイプ」
 ●外寸:T250×W350(mm/金具含まず)
 ●仕様:表紙含め13枚綴り/リング綴じ
 ●価格:3,200円+税
   バリアフリーカレンダーの売上げの一部は、盲導犬育成に最も実績のある、
  公益財団法人 アイメイト協会へ寄付いたします。
 ●協賛:社会福祉法人 桜雲会
  社会福祉法人 日本点字図書館
  公益財団法人 アイメイト協会
 ●お問い合わせ
  有限会社 真美堂手塚箔押所
  〒162-0808 東京都新宿区天神町66
◆電話またはFAXでのお問い合わせ
    TEL 03-3269-0656 FAX 03-3269-0667
◆メールでのお問い合わせ
    info@sinbido.co.jp

新年のご挨拶・
作業風景のご紹介

遅ればせながら新年おめでとうございます。
本年も弊社の製品情報や、通常業務の作業風景をご紹介していきますので、ご覧いただければと思います。

2017年最初の投稿では、弊社が製作に携わりました、新年に相応しい素敵な年賀状をご紹介したいと思います!

ミスター・ユニバース株式会社 
ミスター・ユニバースさんは、広告ポスターや書籍の装丁、WEBサイトなどを手がけるデザイン事務所です。弊社でもWEBサイトをはじめ、バリアフリーカレンダーやポストカードのデザインをしていただいています。

ミスター・ユニバースさんのデザインは、情報を伝達するための手段としてだけでなく、デザインを形にするまでの物語や完成後も繋がっていく人やモノの結びつきを大切にされており、その思いが作品ひとつひとつに現れています。それは、デザイン関係には疎い私たちから見ても、“楽しく”時に“美しく”そして包み込むような優しい印象を与えてくれます。
そんな情感の溢れたデザインを、今でも職人さんが多いモノづくりの町と、どこか懐かしさの残る下町が並存する、台東区蔵前から発信し続けています。

毎年、ミスター・ユニバースさんから年賀状の加工をご依頼いただいており、今年も長4封筒程の白い厚紙(約1mm)に両面を箔押加工のみで表現した、こだわりの作品です。
毎年変わるデザインは、作業をおこなう私たちにとっても楽しみの一つになっています。

1.IMG_0043 まずは全体像を把握するため、枠線および同色の月を金色で箔押ししました。
枠線はデザイン上、細く所々途切れた部分もあるため、金箔がかすれてしまわぬよう注意を払います。
箔押しは圧力をかけながら版で箔と凹凸を紙に付けていきますが、その圧力が強すぎると紙の裏面に跡が浮き出てしまうことや、 バリアフリーカレンダーの製作時と同様に余計な部分にシワが出来ることがあるため、圧力には微細な調整が必要となります。

2.IMG_0049 次に枠線の内外にわたる大きな文字で「恭賀新年」を白色で箔押しました。1で箔押しした枠線の切れた部分にも文字がピッタリ入るよう位置調整をおこないました。紙も箔も白色ですが、微妙な色味の違いを生かすことで立体的な文字が出来上がります。

3.IMG_0046 丸い太陽を赤色の箔で表現しました。
小さいワンポイントの箔押しをより強調するため、圧力をグッと掛けて立体感を出しました。こちらも1と同様に、裏面に浮き出ないよう圧力を調整していきました。

4._MG_7173 いつも丁寧なお仕事をしていただいている断裁所で指定の大きさに仕上げてもらい、年賀状の完成です。

なお、この年賀状は紙メーカーの竹尾さんで1月20日(金)から開催される展示会「クリエイター100人からの年賀状」に出品されるそうです。
興味のある方は以下、竹尾さんのホームページをご覧になってみてください。


12345...